PUI PUI モルカー 4話 感想

puipuiモルカー PUI PUI モルカー

はじめに

今まで子供向けの3分アニメを毎週更新楽しみにして、友達と感想語り合うことがあっただろうか。

いやない。(反語)

せっかくハマってるのでブログに感想まとめてみます。

今週のストーリー

運転手がモルカーの窓から食べた後のゴミをポイ捨て。窓ちゃんと開くんですな。

そのゴミをモルカーがぱくり。食べる音がポテチみたいでおいしそう。

調子に乗った運転手、路上にゴミを投げてそれをぱくぱく食べてたどるモルカー。かわいい。

口に汚れ付いてるのは食べかすでしょうか。

車内のゴミをありったけ捨てようとする運転手。憎めない笑顔です。

ハムスターのごとくゴミをほおばるモルカー。勢い余ってゴミ捨て場のゴミまで食べちゃう。

普段エサちゃんと貰ってるのかな。。

食べすぎてお腹が痛くなっちゃったモルカー。ゴミは割と砕けずそのまま。

最後は駐車場らしき場所でゴミと運転手を排泄するオチで終わり。

良かった点

先週モルカーの車内に居た猫ちゃんらしき姿を見つけました!

左上の子供が遊ぶ歩道に・・

この柄は同じ猫ちゃんでは!?

こういう街中に別の話のキャラが出て、話が繋がってるの分かるとアハ体験です。

先週は大変だったねえ

運転手役の表情も豊かでどこか憎めないです。口どうなってるんだ。

なんだかんだモルカーと仲良くやってる気がします。

モルカーの謎

人間社会とモルカーの関わり始めが、

①モルモットを乗り物に改造、巨大化

②元々居たモルモット似の動物を乗機として利用

このどちらかと思っているんですが、ゴミ食べちゃうくらい適当に食べ物選ぶなら

①なのかなあ・・

ゴミ箱積んでても消化されず残ってるし謎が深まる回でした。

(画像引用元:PUI PUI モルカー 3,4話より)

タイトルとURLをコピーしました